ほぼ足りてまだ欲 その先

「ほぼ足りてまだ欲」がはてなダイヤリーの廃止にともないこちらに移りました。

まだやっている

 こちらの方のブログで、あのアパグループがまだこんなことをやっているのを知った。「真の近現代史観懸賞論文」である。誇らしげに「前・航空幕僚長田母神俊雄氏が最優秀藤誠志賞(そんな賞だったのか)を受賞したことで大きな話題となった」と書いてあるが話題のなり方が問題なんだよね。わかっていない人というのはとことんわからなくて、もう全くしょうがないねぇという話になるのだけれど、今回の受賞者というのがあの竹田恒泰なんである。女系天皇が云々という皇室典範見直し論が活発だった時に良く産経新聞なんかに出てきた人で、JOC竹田恒和の長男だっただろうか。
 ご自分のブログにはなんと書いても良いんだけれど、自らを「たけぼん」と呼ぶのはやめたいなぁ。
 タイトルは「天皇は本当に主権者から象徴に転落したのか?〜教科書編纂者が隠そうとした「ある事」とは・・・・」というもので、なんだか今の日本国憲法では「象徴」と書いてあるけれど、実はそんなことはなくて、未だに主権は天皇にあるんだとでもいう思いきり曲げてしまったぞ、という解釈なのかもしれないと(この辺の人たちはやってしまわないとも限らない)かと思ったら「帝国憲法下においても、天皇には国策の決定に関与する実質的な権能は無かったのであるから、まして天皇専制政治は行われていなかった。ならば「主権者から象徴に転落した」という表現は俄かに怪しいものになる。」としてあって、最初っから主権者なんかじゃないから「転落」なんかしていないんだという話のようだ。
 しかも「天皇主権」の時の主権と「国民主権」の主権とは異なる主権なのだと説明してくれている。そのうえ、「日本国の主権は、新旧憲法のいずれにおいても、天皇と国民の絆の上に成立している」ということなんだそうで、天皇も国民もどっちも勝手には権力を行使はできなかったのだとしてある。ということは戦争の前もあともこの国の天皇と国民の関係は変わっていないということで、なるほど、そういう根拠があるから彼等はこういうスタンスを取ることが今でもできるんだなと納得してみようとしたけれど、うまい具合に問題を矮小化して後付け理論を作るのは一種の才能か。
 「帝国憲法下の体制でも、概して主権者は主に国民(但し重臣が重要な位置を占めていた)であったというべきであろう」という主張に至っては歴史の歪曲そのものといわれるだろう。面白い論理だから点数を上げようね、という教師はいるかもしれないけれど、これを最優秀に持っていくのは渡辺昇一先生くらいのものだろう。最終的に彼がいっているのは「帝国憲法下の主権者を天皇と定義するのであればどうなるだろうか。日本国憲法下においても、やはり主権の形式的側面(権威)の重要な部分は天皇が担っているのであるから、ならば現在も天皇主権」であり、戦前も戦後も国体は斯様に立派に護持されておるのであって社会科の教科書の解釈は間違っておるのである、ということなんだそうだ。
 慶應義塾大学の講師を肩書きにしているあなたであるならば、社会科教科書の検定に大きな間違いがあると文部科学省を提訴してみたら良い。