ほぼ足りてまだ欲 その先

「ほぼ足りてまだ欲」がはてなダイヤリーの廃止にともないこちらに移りました。

「教育再生実行会議」

  • 大竹美喜(アフラック最高顧問):1939年広島県庄原市生まれ。広島県立庄原実業高-広島農業短期大。「5歳から10歳くらいで古典などを暗記してもらうと、意味はわからなくても、後から効いてくる」「7~8割は私たちの力で解決し、残りの2~3割を国家が最後に支援すればいい」「自民党衆院議員、永山忠則(1897~1984年)に誘われ秘書」「AIUで6年間働きトップセールスマン」「日韓の交流を進めています。」「知足の精神。東洋文明を見直す時代。日本人の思想哲学が生きる時代」(至近の講演会2013年1月17日(木)14:00〜15:40於明治学院大横浜校舎チャペル・申し込み不要 問合せ先:明学院大横浜・宗教部事務室(チャペル隣)�:045-863-2016)
  • 尾崎正直高知県知事):1967年生まれ、土佐高-東大経-大蔵省、2007年11月高知県知事。2011年無投票再選。twitterのフォロワーは5,959名(20130111現在)ただし最後のツイートは2011年10月11日という痛さ。
  • 佐々木喜一(成基コミュニティグループ代表):1958年京都市生まれ。同志社大国文学専攻-金融機関-1987年進学塾成基学園の第二代理事長。「世界の人びとから尊敬、信頼、愛される日本人創り」
  • 鈴木高弘(専修大付属高校校長): 1944年山形県西村山郡河北町生まれ。山形大教育卒。1968年都立深川高定時制勤務-都立城東高校-都立小笠原高-1992年都立足立高定時制教頭、1995年都立飛鳥高開設担当教頭「1997年都立足立新田高の校長に就任、 中退者が続出する荒れた同校を改革し、人気校に変身させた」、自らを「熱血!ジャージ校長」と。
  • 曽野綾子(作家):1931年東京生まれ。作家。幼稚園から聖心女子。夫は三浦朱門。1995年から10年間日本財団会長。仲間・上坂冬子、ライバル・上野千鶴子。「学校教育の場では「日の丸」を掲揚し、「君が代」をきちんと歌わせる」べし。クリスチャンと自称。ペルーのフジモリに宿を提供。「満18歳で、国民を奉仕役に動員すること」「責任は東電ではなく設計側にあります。」
  • 佃和夫(三菱重工会長):1943年山口県熊毛町(現:周南市)出身。東大工-1968年東大学院舶用機械工学専門課程修了。2003年社長。2008年会長。成蹊学園理事長。「実現するか分からない再生エネの技術革新をエネルギー政策の前提にすべきではない」「私は矜持という言葉を大切にしています。人も企業も自信と責任を失ってはいけません。矜持を持って接し、双方の立場を理解してこそ信頼感が生まれます。」「ごみ焼却炉建設の入札談合」「UHX」「橋梁談合事件」

 実に安倍晋三好みのメンバーになっている、といってのほほんとしていて良い場合じゃない。これは容易ならざる事態に一直線となっておるぞ。