ほぼ足りてまだ欲 その先

「ほぼ足りてまだ欲」がはてなダイヤリーの廃止にともないこちらに移りました。

ダブルヘッダー

f:id:nsw2072:20181202114747j:plain:w360:left 友人のライブのダブルヘッダーだった。午後は神田の小さな小屋で、Somethingというバンド。10数年前に彼らの練習に酔っ払って乱入したのが最初だったような気がする。ギターのふたりが随分昔からやってきたのが核になっているそうで、それぞれ手練れなメンバー。唄が学校の後輩の奥さん。
 夜は銀座でお客さんが100名もやってくるという実力バンドのアニュアル・ライブ。バンドメンバーがなんと総勢12名。唄のメインが学校時代のサークルの後輩。ふたりの女声コーラスのうちのひとりがやっぱり同じサークルの後輩。ベースとキーボードが夫婦でそのふたりの娘がパーカッションとトロンボーン。サックスの若い女性奏者が実に巧くて、舌を巻いた!トランペットは前からの実力奏者。
 バンマスが学校の後輩で、彼の元職が音楽系だったので、ゲストバンドもその系統のインストラクターのバンドだったので、素晴らしい出来なんだけれど、セッティング中の音がうるさくて、このてのバンドは好きになれない。
 毎回セット・リストがほぼ同じなんだけれど、それでもこれだけお客さんが入ってくれるというのは、日頃からの接触を忘れていないということなんだろう。そうでなくては遊びに来てはくれない。うちのバンドにお客さんが少ないことはそういうことなんだよね。