ほぼ足りてまだ欲 その先

「ほぼ足りてまだ欲」がはてなダイヤリーの廃止にともないこちらに移りました。

驚いた

 おおよそ27年前の話。赴任先に家族がようやく合流して、家族揃っての生活が始まってしばらくして、上司が話があるといって呼びに来た。彼の部屋へ行くと、「君の奥さんは、いつになったら、うちの女房のところへ挨拶に来るんだ?」というのである。「はぁ?」何をいっているのかわからなかった。これがこの事務所の習慣だというのかと驚いた。そういって彼は私が常識がないとかなんとかいっているのだった。こいつは頭がオカシイんじゃないかと真剣に心配した。うちの連れ合いも、彼の大奥様も、別に会社に雇われているわけではない。彼女たちの間には、なんの関係もない。いや、よしんば関係があるんだとしたら、先に彼の地で暮らしている人が、心配して気にかけてくれるんじゃないのか。
世の中には思いもよらぬ伏兵が潜んでいるので気をつけなくてはならないというわけだった。