ほぼ足りてまだ欲 その先

「ほぼ足りてまだ欲」がはてなダイヤリーの廃止にともないこちらに移りました。

散歩

f:id:nsw2072:20181116155809j:plain:w360:left 腹立ち紛れに図書館に行って、古い本と旅行ガイドブックを借り出し、書店に行って、月刊雑誌を二冊入手し、街を点検して歩く。閉店セールを展開中の和物やさんがあって、思わずセカンドハンドの紋付き羽織を買いそうになるが、二つ目の噺家じゃないんだから、そんなものを買ってどうなるんだと思って思い直す。
 今年はイチョウの葉が黄色くなるのが遅いし、中には例の台風の塩害では先がみんなちりちりになっていたりしてあまり綺麗にならないけれど、どうやらあの時の台風風にさらされなかったらしいイチョウが綺麗に黄色になっていた。昔の洋食屋が店を閉めてから、いったいどうなるのかと思っていたら、ビルが売られたんだという話だった。通りかかってみると、表を作り直してカフェになっていた。この辺もカフェだらけで、さすがに観光地の裏ぐらいがこういう店にむいているのかも知れない。かつては有名人が贔屓にしていた洋食屋だったのだけれど、どうも二代目になってからはその過去の看板に寄りかかりすぎちゃって、初代が拡げた商売を全部なくしちまった格好だ。うちと良い勝負じゃないのとつくづく思った。
 商店街の中に埋もれるようにしてあった食堂がまたひとつ店を閉めている。中をいじっている様子もないから、まだ先の身の振り方が決まってないのかも知れない。その先のスポーツ衣料の量販店の跡の一角にDOUTOR COFFEE+パンの田島が新店舗を開店するんだそうだ。なんだろうと思ったらパンの田島というのはDOUTOR COFFEEの子会社なんだそうで、コッペパンに様々なものを挟むパン屋らしい。そういえばついこの前も、小学校の給食がコッペパンだった、近所のパン屋でもマーガリンとあんこを挟んだ奴が旨かったよなぁと話したばっかりだったなぁ。そういえば休んだ子がいたら、わら半紙にコッペを挟んでそのこの家まで持っていったよねぇ、と。爺さん婆さんはこんなコッペを懐かしくて買うんだろうか。
f:id:nsw2072:20181116161750j:plain:w360:right ところで全然話は飛ぶが、近頃のアジア系観光客が、天麩羅屋とかとんかつ屋に殺到していて、列を作っているという。牛カツ屋には昼からアジア系の人たちが列を作っているのを見たことがあるけれど、今度は安いトンカツの「かつや」にレンタル和服の格好のままでカウンターで食べている人を見て、おぉ、本当に人気なんだ、と思った。某有名とんかつ屋の主のところでは近頃台湾からのツアー客がバスで乗り付けてくるようになったんだという。それでも昼飯時は困る、午後2時からになら良い、というと、引き下がるかと思えば、それでも良いからといってくるそうだ。ちょっと高級な天麩羅屋さんでは、席が一杯だといったらテイクアウトして、店の前で座り込んで食べていたことがあるという。いやいや、凄いことになっている。爆買いの後は爆食いなんだそうだ。

快晴

f:id:nsw2072:20181115212955j:plain:w360:left 昨日も今日も一日快晴だった。もはやほとんど冬であるが、例年に比べて寒くなるのが遅いのだそうだ。長期天気予報では今年の冬はエルニーニョのおかげで暖冬だといっている。これでまたスキー場が困るんだろう。スキー場といえば欧州各国のスキー場も今やほとんど人工降雪機を焦ったように設置しており、これから先はスキーといえば人口に降らせた雪でやるものだと思う世代がやってくるのかも知れない。
 そういえばもう何年も前に、という漠然とした表現ではなんなので、検索してみた、2002年に閉鎖された三井不動産がやっていたザウス(SSAWS=Spring, Summer, Autumn, Winter, Ski)が完全な人工スキー場だった。たった9年間の営業で、あれでは多分採算がとれていなかったことだろうが、今や世界中に室内の人工スキー場はいくつもできている。バブルの落とし子とはいえ、時代を先取りしていた。もっともエネルギーの無駄遣いそのものだった。私はあの建設プロジェクトのチームには呼ばれなかったけれど、コンセプトの宣伝はやったことがある。
 続いた快晴の真っ青な空を見ながら、そんなことを思いだしているうちに眠くなり、昨日の晩から24時間以内に、12時間寝た。

ミラノ

 昨日の夜、NHKテレビで世界ふれあい街歩き-ミラノをやるというので楽しみにしていた。で、出てくるところを、あれ、ここはあれだよね、ここはこれだよね、といってみていたら、途中でハタと気がついた。「これ、随分前に見たぞ!」そうなんだね、ところがあちこち思い出せない場面もある。そうか、こうしてみてても思い出せなくなるんだなぁと思ったら、なんだか虚しくてねぇ。
 

宴会

f:id:nsw2072:20181115174935j:plain:w360:left ジャズ・ピアニストの友人が帰国するとその友人が集まりを開いてくれるので、月島のお宅へお邪魔して楽しい宴会が開かれる。みんなで食べ物と飲み物を持ち寄ってだけれど、年々呑み、食べる量が減ってくる。それも目に見えて減ってくる。寄る年波には勝てない。
 そのピアニストの夫婦は再来年の2月にはとうとう永遠帰国をするという。歳をとってきて、やっぱり日本で暮らしたいというのが奥さんの本音だそうで、その気持ちはうすうす聞いてはいた。その気持ちはわからないではない。多くの海外で暮らす人たちの話を見聞きしたことがあったけれど、やっぱり最後は日本で過ごしたい、という人たちは少なくない。しかし、人々の中には帰りたくても帰れない人たちも多い。経済的にそれは無理だという人ももちろんいるんだけれど、日本を出るというきっかけがそれを許してくれない、自分の気持ちの中でどうしようもできない、という人たちもいる。帰ってこられる人たちはむしろ幸せなんですね。
 それまでもう彼が住んでいるところに出かけるという気はなかったのだけれど、その帰国の予定を聞いて、じゃ、最後にもう一回遊びに行こうかなという気になってきた。

二の酉

f:id:nsw2072:20181113163150j:plain:w360:left 今日はお酉様ですねぇ。今年は三の酉まであります。
日頃はお酉様も、全く人が通らないくらいで、静かなものなのですが、こういう日になると、あたかも、突然どこかにタンスポートされちゃったんじゃないかとびっくりしてしまいます。浅草の名物店もあれもこれも、近所の建物を借りて売店を出しています。それだけじゃなくて、近所の商売屋さんも日頃はシャッターを下ろして卸し商売だけやっているなんてお店も、この日は店を開けて、一気にバーゲンをやっています。つまり、それくらい人がやってくるということですね。
 もちろんテキ屋商売もずらっとテントを並べています。近頃は滅多にそういう店が出ているようなところへ行きませんが、たまに行ってみると、びっくりするような商品を売ってますよね。今日初めて見たのは「鶏皮餃子」ってやつかな。名前見ただけじゃ気持ち悪いっすよ。
 半世紀ほど昔の想い出はもっと寒かった記憶があるので、あの時は多分三の酉だったのでしょうねぇ。夜だった記憶なんですが、地元民のつれあい(あの時はまだ入籍前だったでしょうか)に「財布の入ったポケットに手を突っ込んでおきな」といわれながら長い列の後ろについてズルズルと境内に入っていった記憶があります。入り口でお祓いをしているふたりがいたのも全く記憶にありませんけれど、社務所で一番小さな熊手を戴いて帰った記憶があります。あの頃は人混みもそれほどイヤじゃなかったなぁ。今はもうとてもじゃないけれど、こんな人混みの中に埋没する気力がありません。
f:id:nsw2072:20181113163307j:plain:w360:right 昨日、隣町で強盗未遂事件があったんだそうです。某貴金属店の社員が4000万円を銀行から降ろしてきたら店の前で襲われ、社員が騒いだので逃げた、というものでした。なんでそんな金額を知っているのかといったら、テレビのニュースでやっていたからです。で、なんで隣町だとわかったかというと、ビルに見覚えがあったからです。いや、正確に言うと、隣の魚屋さんに見覚えがありました。そのビルに貴金属店が入っているとは知りませんでした。その建物はかなり変わった構造をしていて、店舗が二階にあたり、正面中央から階段で上がるというものなので、使いにくいのか、記憶にある限りでももう4-5代は店が入れ替わっているというものです。
 日頃は静かなところだから、やれる!と思っていたわけでしょうが、騒いだら静かだから余計に目立つということなんですね。

「よろしいですか?」

 ま、近頃よく使われる言葉で違和感のあるものというのはいろいろありますよね、例えば「真逆」というのもそんな言葉のひとつで、私は昔は使いませんでしたねぇ。で、気になるのは「〜して貰っても良いですか?」といういい方なんです。
 一番初めてその言葉に接したのは、2000年のことで今でも忘れませんが、某大学の授業で、先生が「じゃ、お手元の資料の○ページを開いて戴いてもよろしいでしょうか」といったのです。えっ!「開いて下さい」で良いんじゃないのか、それとも、よろしくない奴はそれでも良いって事なんだろうか、と。
 予約の確認を入れた某店で電話口に出てきたお嬢ちゃんが「○○さんでよろしかったでしょうか?」といわれたときには、呆れて一瞬黙った。だって、私は名前を名乗ってかけたんだよ?ここでバカな爺さんは「そうに決まってんじゃねぇか!」といってしまったりするんだなぁ。私は賢明だからいわなかったけれど。
 その後も「よろしかったでしょうか」攻撃は続く。

気象

 政府が成長戦略の柱に掲げる訪日観光で、クルーズ船利用者が伸び悩んでいる。今年はほぼ前年並みで推移し、年間300万人には届かないペース。このままでは「2020年に500万人」の目標達成に黄信号がともる状況だ。
 クルーズ船客は過去4年間、年25万~87万人増え、17年は253万人に達した。だが今年1~9月は、昨年同期比で5万人増の197万人(速報値)止まり。1~5月は計15万人増と堅調だったものの、6~9月が計10万人減となった。
 主因は台風、豪雨で相次いだ欠航や寄港中止など。(共同通信2018/11/12 15:18)

 台風・豪雨が伸び悩みの要因だと書いているけれど、本当にそうなのかな?飽きてきたんじゃないの?これって、要するにH.I.S.がやっている中国からの爆買い観光客でしょ?ほとんどが。飛行機で来るよりもたくさんの買い物を持って帰ることができるという利点を売り物のクルーズ客じゃないの?その他の日本に寄港する欧米各社のクルーズ船は本当にこの一・二年にすぎないわけだし、ここで語っているクルーズ船客のデーターに含まれていないんじゃないかなぁ。