ほぼ足りてまだ欲 その先

「ほぼ足りてまだ欲」がはてなダイヤリーの廃止にともないこちらに移りました。

Joe Cocker

 そうそう、今年はウッドストックから50年になる。夏にはいろいろ話題になった。あのステージを踏んだ何人ものミュージッシャンが既に鬼籍に入っている。早いところではJanis Joplinがそうだし、Jimi Hendrixもそうだ。5年前、2014年の暮れに、イギリス人のJoe Cockerが70歳で他界した。ウッドストックの時に彼はThe Beatlesが作った「With a Little Help From My Friends」という曲をがなりながら唄った。彼のスタイルは生涯をかけてそれで、多弁ではなく、可憐な声ではなく、しゃがれた声で、ドスンドスンと投げ込んできた。一時期、彼が50代の頃、私はなぜか彼に目覚め、彼のCDを買い集めた。その一部がまだ残っている。
 2013年の5月にウィーンの国立のイベントホールで彼のステージを見た。最初で最後の彼の生ステージだった。私はほとんど外国からタレントが来ても生ステージを見に行くことがない。高いからだ。その時は偶々ウィーンに通りかかることがわかっていたので、早くから苦労して切符を入手していた。当時は切符を日本へ航空便で送ってきた。それが巧くつかなかった。今だったら当然、pdfかなんかでメールに添付してきたことだろう。もしくはアメリカの切符業者のように、転売防止のために直前にMobile限定直送だったりするだろう。揉めた末に、とうとう彼のステージを見た。いつものようにTシャツの首回りをびっしょりと汗に濡らしながら、およそ流行のミュジッシャンらしからぬ風貌のJoe Cockerは熱演した。一年半後に彼がコロラドで死んだことを知った。


Joe Cocker - With a Little Help from My Friends (Official Live)


 カサブランカという映画の中で

「十年前、君は何をしてた?」
「歯にブリッジをしていたわ。あなたは?」
という部分があると、和田誠の「お楽しみはこれからだ」(1975/6/30)にあるんだそうだ。ブリッジじゃ年寄り臭い。これは今でいう「ブレース(brace)」のことで、つまり私はまだそんな矯正をしているくらいの幼い年齢だった、と云う意味だ。つまり、この一言で、この女性は私はまだ若いのよ、といっているということだ。
 そういえばあの映画、未だにちゃんと見たことがない。ハンフリー・ボガードなんだけれど、私は彼の顔を見る食べに、誰かに似ているなぁと思っていたんだけれど、たぶんそれはエド・サリバンじゃなかったか。

別件逮捕

無許可で貸金業を営んだ疑いで、過激派「革労協」の活動家の男が逮捕されました。
貸金業法違反の疑いで逮捕されたのは、過激派組織「革労協」主流派の活動家で、住所不詳の緒方信雄容疑者(69)です。
警察18日の朝から、福岡市博多区にある活動拠点や東京の革労協事務所など5カ所を家宅捜索しました。
警察によりますと、緒方容疑者は2019年5月から8月にかけて、許可がないにも関わらず、県内に住む知人の男性に4回にわたってあわせて1万2000円を貸し付け、貸金業を営んだ疑いです。
警察は緒方容疑者の認否を明らかにしていませんが、革労協による組織的な関与があったとみて、押収品などを調べ容疑の裏付けを進める方針です。(テレビ西日本2019/10/18(金) 19:40配信)

f:id:nsw2072:20191021152540j:plain:w360:left 絶句!知り合いに金を貸したら貸し金業法違反!中核もそうだけれど革労協もまだ頑張っているメンバーがいるというのが不思議といえるけれど、だからといってこんなことがあって良い訳ないだろう?「一時個人的に保管していただけで、この前お返しした」といって多額の金を動かした関西電力の連中を逮捕したのか?いくら何でもこんな治安維持法下の社会のようなことをして良いわけがない。私たちはとんでもない「法治国家」に暮らしていることになるじゃないか。貸金業法ってそんな法律なのか!?これで捕まってしまうっていうのは誰が考えてもおかしい。正々堂々とお友達のためにゴミが埋まっているのなんのと嘘をつく輩が政権を握っている社会はこれを是認するのか。どう考えても、作り直さないと、この国は異常だ。

 また台風が来るというんだけれど、これ、異常どころの騒ぎじゃないよね。

ずっと晴れない

 台風19号が大きなダメージを日本に与えたあと、アリューシャン列島からアラスカまでいったという話を聞いた。こんな台風は聴いたことがないんだという。一体何が起こっているのか、ただただ、愕然とするのみだ。今日になって、アイツが段ボールベッドを2000個配備したといっていたらしいが、何を云ってやがる、遅すぎるだろう、と腹が立つ。それもたった2000個だよ。アメリカに押し売りされた戦闘機をキャンセルして、本当の意味での少子高齢社会の災害対策を打たなくて良いのか?共同通信の記事によれば今度の災害死者のうち年齢が判明している人の7割は60代以上だという。さもありなん。若ければ、ここぞという時にアドレナリンが出て、いわゆる火事場のバカ力も出ようというものだけれど、この歳になると、いざという時に「あれっ!?」と戸惑う程度の力しか出てこない。それが過信となってチャンスを逸するということではないのか。

 体調戻りつつあるのだけれど、咳だけが消えない。そういえば3月に雨に濡れて風邪を引いた時も、咳だけが続いた。これも年齢が作用するんだろうか。

 多分日本の夜はどこもかしこもラグビーだったことだろう。19時からの試合は困るなぁ、丁度飯時間だからね。生鮭の照り焼きが美味かったのに、落ち着かなかったのである。やっぱり強いラグビーチームというのは速い!あっという間に捕まってしまう。これから考えると、初戦のロシア戦のまぁ、悠長だったこと。まるでリーガとJリーグみたいだ。
 うちの朝は煮詰まったMLBだった。アメリカンリーグがHoustonの3勝2敗で本拠地に戻った。リードされていたNY Yankeesが同点に追いついたと思ったら、9回裏に出てきたかのChapmanがちび助Altubeにドンピシャのさよなら2ランホームランを打たれて終わっちまった。Chapmanの表情が忘れられない。それにしてもChapmanで負けたんだからもうこの際しょうがない。長めに楽しめたシーズンだっただけマシじゃないか。

この国ってさぁ・・

 風邪で寝ている時ってのは、時としてとんでもない時間にぱっちり目が覚めるってことがあるでしょ?それが今です、ッたってこれを書いている時間が何時かわからないのですが。咳が出て苦しくて目が覚めたんです。考えてみると、医者から出された処方箋に吸引の薬がありましたが、一日一回これを吸い込め、という奴で、かつては日常的に持たされていて、発作が出そうになったら吸い込め、といわれていたものの最新版みたいです。昨日が初日でしたけれど、「かちん!」と音をさせて吸い込む、が多分薬が出ていなかったものと思われます。
 こういう状況でこういう時間に目が覚めてしまうと、妙に頭がすっきりしていて、なおかつ冷静、というか、浮かれていないもんだから、じっくり物事を考えてしまう傾向になります。あんまりよろしくない状況です。というのはかなり否定的に物事を捉えかねないだからです。これで目が覚めた場所が病院のベッドの上なんかだとすると、最悪の状態となります。
 マラソン競歩を東京から札幌に移動させるという、たったひとつの話が大騒ぎ状態になりつつあります。こんなこと最初っからわかりきっていたことで、8月に東京でこんな競技会を開くという発想自体が無茶苦茶なのに、この期に及ぶまで平気でやる気だったこの国の理性とバカさ加減に思いっきり限界を感じてしまうのでございます。なんだか全く敗戦への道を辿るも、いつまでもやめられなかったあの戦争そのものでございます。多くの人がこの例えをお使いでございます。

英語

 私はこれまでTOEICを受け、最高得点は良く覚えていないんだけれど、850点ぐらいだったのだと思う。もう随分昔の話で、1990年ぐらいの話じゃないかと思う。なにしろ中高の頃から「模擬試験」には強く、「ここ一番試験」に大失敗するという人生を過ごしてきた。それにこれくらいの点数は全く大したことはない。なぜなら、「話す」という要素は全く評価の中に含まれていない。今はどうなっているんだろうか。だから、どんなに発音が下手くそでもその部分は隠しておける。隣の部の東大出身の技術者はこの試験で900点を取ったと聞いた。しかし、彼が英語を喋っているのを聞いたことがない。そういう技術者はたくさんいて、技術翻訳のテストを彼らは受けていた。
 日本の教育では少なくとも中学で3年間英語を学ぶ。高校を卒業していれば都合6年間は勉強する。しかし、ほとんどの人は現場でコミュニケートすることはほとんどできない。なんでなのかというと、生活に必要がないからに相違ない。だから小学校から英語を教科に入れてもほぼなんの効果もない。多分増えるのは簡単な会話英語だろう。でもそれで良い。そこから好きになって、より力を入れてみたいという子どもが出てくればそれで良い。一番可哀想なのは親に無理矢理そういう方向に埋め込まれてしまう子どもたちだ。

マラソン 札幌

 昨日から大騒ぎだ。IOCが先日の世界陸上での結果を見て、ビビっている。マラソン競歩で棄権した選手が続出したからだ。そんなのはとっくのとうにわかっていた話だ。あんな常夏の街でマラソンやら競歩やらをやらせるなんて常軌を逸している。競歩の鈴木選手なんぞは歩きながら氷を握っていたというではないか。8月の東京で、それも日陰にならないような皇居前なんぞをコースに入れて嬉々としていた連中の想像力のなさというか、人ごと仕事というか、全くの話、バカな話だった。ずっとこんな時期に東京でオリンピックを開催するのは大間違いだと言い続けてきた。それだけじゃない。お台場で泳がせる愚!あんなところでどうして選手を泳がせなくてはならないのか。フジテレビのために選手を犠牲にするのか。IOCがもっと細かくチェックしなくて良いのか。東京オリンピック組織委員会は選手オリエンティッドで考えちゃいないんだから。

 お金のために開くイベントなんだから、選手なんぞシランという訳なんだろう。もうオリンピックの意義はとっくにない。もうやめた方が良い。会場と優勝を回り持ちする国体もね。

健診

 9月3日に区の検診表を使って、無料血液検査をやったのだ。その結果を聴きに行っていなかったのだ。そこへ持ってきて、昨日の朝から喉がゲホゲホだったから朝から病院へ行った。結局全部が終わったのは3時間後だった。薬だけで4000円も払った。
 その結果、血糖値も危険水域に達しそうであり、中性脂肪もヤバく、その辺まではまぁまぁ良いやだったのだけれど、なんと検便が陽性という結果が出ちゃっていて、前にやって苦しくてどうしようもなかった胃カメラ検診と大腸検査をやらないと、それも今すぐやらないと知らないよ、というのだよ。いやなのだ。あの苦しさはとんでもない。もうヘトヘトになった挙げ句の果てに、綺麗です、という結論だった。もう何年も昔の話だけれど。覚悟を決めなくてはならないのかねぇ。