ほぼ足りてまだ欲 その先

「ほぼ足りてまだ欲」がはてなダイヤリーの廃止にともないこちらに移りました。

一糸乱れぬ

「一糸乱れぬ」全体の動きってのが大好きなのが全体主義者で、北朝鮮や戦後の仏教系新興宗教(はっきりいってしまえば創価学会や立正佼成会)のマスゲーム、ソビエト連邦やその後継的ロシアの軍事パレード、あたりを見ていればわかるけれど、私を無にしてな…

東京裁判研究 何が裁かれ,何が遺されたのか作者:宇田川 幸大岩波書店Amazon 直球のようなタイトルだけれど、著者の博論が核になっているらしい。 大変な量の資料を読み込んでいるのを見ると、こりゃ大変だなぁと思うが、まさにそのままあとがきに書いてある…

祭りはじまり

今日から日曜日まで祭り期間。もとの町会の神酒所に奉納する。つれあいにそんなに出すのかといわれた。こういうことは見栄をはらなきゃねって。お調子者によって地域はできている。夕方ごろ寝をしていたら、どこかの神輿がねっている音で目が覚めた。多分、…

祭りの週末

今週末はこの界隈は毎年お祭りである。 赤坂日枝神社や、神田明神のお祭りは表の年と裏の年があるんだけれど、この界隈の神社はどこもそんなことはなくて、毎年5月の第三週末がお祭りになる。一番大きな神社がそうしているからだろうけれど、近辺の八幡さま…

あれから

うちの親父が死んでから今年で丸30年。 おふくろが死んでからでも丸18年が経った。 親父が死んだ時、「はて、うちの宗旨はなんだ?」と。 親父の実家のいとこに聞くと、日蓮宗だという。 おやじは次男だったかなぁ。 それすら良く知らない。親父には実家を継…

もう一人の彼女 李香蘭/山口淑子/シャーリー・ヤマグチ: 李香蘭/山口淑子/シャーリー・ヤマグチ作者:川崎 賢子岩波書店Amazon 巻頭にも書かれているように、李香蘭、すなわち山口淑子に関する著作というものは驚くほどいっぱいでていて、当時、彼女に対する…

いじめ体質

大日本帝国陸軍はとにかくいじめ体質を温存してきた。 自分がやられたから、自分もやってきた。 そうやって古参が新人を、体力的にも精神的にもいじめることで、兵隊は強くなるとでも思っていた。 もちろん私は大日本帝國陸軍にいたことがあるわけではないか…

芝居見物

もう何年も芝居見物ってものに行っていない。 うちのおふくろは芝居見物大好きで、しょっちゅう歌舞伎見物にいっていた。 なんでも晩年のおふくろの話を聞いたつれあいによると、親父がゴルフに行く分、私は芝居見物にいったといっていたそうだ。 親父も新国…

旅行に行く

本当はどうもそうじゃないらしいけれど、だいぶんCOVID-19が下火になっているというから、4-5年ぶりに旅行に行こう。そろそろ冥土への土産だ。そのうちからだが動かなくなりそうだもの。 その準備が忙しいというのに、自炊にも精を出している。航西日記 パリ…

同級生

前にも書いたかもしれないけれど、高校の時の同級生が近所に住んでいる。 私はこの近辺に暮らし始めて48年くらいになるんだけれど、彼女以外に高校の同級生に出会ったことはない。 というよりも、わたしたちの高校の出身者がこの地域には多分私達二人以外に…

中国新聞

「国政選挙で機密費から100万円」元官房長官が証言 陣中見舞いに現金 2024/5/10(最終更新: 2024/5/10) 2000年以降の自民党政権で官房長官を務めた元政権幹部が中国新聞の取材に対し、国政選挙の候補者に陣中見舞いの現金を渡す際に内閣官房報償費(機密費…

雨は上がったけれど、温度は上がらない

雨が上がったかと思うと、あっという間に良い天気になった。 しかし、温度は上がらない。 まだ寒気がとどまっているんだなという感じだけれど、それでも気持ち良い。 出かけた時は15℃程度だったと思う。 街はGWとは明らかに違っていて、落ち着いてきた。 バ…

読売

築地の市場の跡地開発を東京都が公募していたことは知らなかった。「東京都が募集していた「築地地区まちづくり事業」の事業予定者として、三井不動産を代表企業とし、11社が構成企業として参画するグループの提案が選定された。事業予定者のグループ名は「O…

なんで

横書きは右から左に書いていたのに、なんでそれを正反対に左から右に書くようになったんだろう。

さすが

昨日、今日の大谷翔平には、もう、全く文句のつけようがなくて、斜めに見てた私ですら「う〜む」と唸るしかなかったね。 風邪を引いて2日間は全く家からでなかったので、小雨ぱらつく中、買い物を兼ねてほんのちょっと歩いた。それだけでつかれた。

赴任

就職した年の4月は2つの工場での実習という名目の様子見だった。 5月連休直前にそれぞれの赴任配置先が発表になって、最後にみんなで横浜駅傍の居酒屋で宴会をした。 ん?あれは一体誰が設定をしたんだろう。 新工場配置になったものは嬉しそうで、希望が叶…

風邪なのか

昨日の夜に、ふと気がつくと、喉の左奥が痛い。扁桃腺にしても片方だけで、右側はなんともない。そう思っているうちにどんどん左側の奥歯の歯茎が痛くなってきて、ご飯を食べたあとに、歯を磨くのが辛い。なんだろうなと思っているうちに顔の左半分がチリチ…

日記

岸信介証言録 (中公文庫 は 69-1)中央公論新社Amazon 原彬久(はらよしひさ)編、中公文庫版で、なにかの参考になるかも知れないと持っている。底本は2003年刊行。妖怪のあの声がそのまま出てくる気がする。あの嫌な声だ。中で「弟は日記をつけているらしい…

リチウムバッテリー

珍しくAmazonから真面目なメールが来た。 「リチウムイオンバッテリーは外部からの衝撃で内部ショートが発生する場合があります。リチウムイオンバッテリーを搭載した製品を落としたり、ぶつけたりしないよう、十分ご注意ください。」というもので、NITE(製…

ラジオ関東

現在の「ラジオ日本」はかつて「ラジオ関東」といっていた。関東から突然日本になっちゃうってのもどうかと思うけれど、当時私達は「ラジ関」と略称していた。東京の人たちはどのへんまで聴こえていたのか知らないけれど、わたしたち横浜の人間は普通に聴い…

日本国憲法

日本維新の会とかいう政党の代表だという馬場伸幸が憲法記念日の談話として発表した文章の冒頭はこうだった。「日本国憲法が施行77年を迎えた。4分の3世紀を超え、時代と国際情勢の変化に取り残されたまま、我が国の手足を縛ってきた現憲法の課題は明確にな…

MLB

大谷翔平はベンチスタートだとあったけれど、どうやらそのまま出てこなかったらしい。ドジャーズはひとりも三振しなかったんじゃないか?三振するのは大谷翔平だけかな。 カブスの今永は最初から負け無しの5勝だそうだ。どういうことかね!!マエケンも山本…

井上ひさし

井上ひさしが死んだのは2010年のことで、先月の9日でまる14年が経った。つきなみだけれど、あっという間だ。東日本震災の前だなんて。彼の書いたものに初めて触れたのは多分「話の特集」での連載で、なんとも変わった人だとは思っていたけれど、こんなにも遅…

偶然に遭遇

4年前にNYCの美術館のカフェで食べたスープ。水と小さなクロワッサンとで15ドルだった。今だったら日本円に換算すると2,400円になる。 いつものように図書館へ本の返却と、借り出しにいった。近頃はいっぺんにどっと借り、しかも一冊が大著だったりするので…

春から初夏へ

どんどん気温が上がってきて、これではもはや初夏ともいえず、あっという間に夏になってしまったかの感あり。 老猫も不自由な体をおして近寄ってくるんだけれど、なんだか昔と違ってずいぶん懐いてきたように思う。実は彼女は毛が変わる時期なので、撫でてく…

こんな国

衆院3補欠選挙の投票率は、東京15区40.70%、島根1区54.62%、長崎3区35.45%となり、いずれも過去最低(産経新聞2024/4/28 22:20) こんな状況のこの国の国政補選で、いくら補選は一概に投票率は下がる、とはいえ、あまりといえばあまりだ。もう民主主義な…

散歩

左の歩く人を右の人たちが全員カメラを構えて撮る、そしてそれを自転車の上からじっと見る 天気は良いだよ。休日だ。いわゆるGWというやつだ。今となってはゴールデンだろうが、シルバーだろうがブロンズだろうが、なんの関係もない。ただの一日に過ぎない。…

長髪

ビートルズが世界的にデビューしたのは私が高校一年か、二年の頃だ。ちょうど多感な時期だ。マッシュルーム・カットとかいって、今から考えれば、とても長髪とはいえないようなもっこりした髪型が画期的だった。LOVE LOVE ME DO !なんて歌っていたわけだか…

ツツジ

今やツツジが満開で、こうして見ると近所の道路の植え込みという植え込みはほとんどツツジで占められているというのがわかる。全部がツツジなのか、サツキなのか、カメリアなのか、私にはわからないけれど、とにかく、その種類の赤や白の花が咲いている。 一…

雨 病院

木香薔薇が満開です月に一回の病院通い。家を出た時は霧雨だったが、やっぱり傘をさす。西洋人だったらささないだろう。今使っている真っ黒い傘は確か近所の傘屋が店を閉めるんだという新聞記事を見て、買いに行った。ところがその傘屋はひとしきり閉店セー…