ほぼ足りてまだ欲 その先

「ほぼ足りてまだ欲」がはてなダイヤリーの廃止にともないこちらに移りました。

最低だ

多分、もはや誰も彼も呆れ果てているんだろうと思うけれど、広く募ってはいたけれど、募集はしていたつもりはない、という答弁がどこもおかしくないと思っているらしい様子をみると、この人は多分どこかおかしい状況にいるのか、あるいは日本語を使って議論…

手がない

団体バスの運転手さんが感染しちゃうんじゃ、もう手がない。同じ電車に乗り合わせていた可能性は高いし、同じ食べ物屋にいた可能性も高い。ラジオによれば中国在住の医者は最初からもう既に過少公表されていたというのだからもはやバイバイゲームで感染者が…

厳寒用

何年か前に冬の京都に行くにあたって、真剣に考えた、ちゃんとしたコートを着ないと相当に寒そうだと、思いっきり厳寒用にしつらえられたコートを買った。確か4万円ほどしたんじゃないかと記憶しているロングコートだ。普通の人には長めのハーフコートかも知…

うそっ!?

もう皆さんご存じでしょうけれど、伊方原発で、約10秒完全に電源が落ちたんだそうです。冗談で終われる話じゃないですよね、これ! それでもまだ原発は全面的に禁止だぁ〜!と現政権がいわないんだから、まるで私たちは舐めきられているということでございま…

徳勝龍

こんな相撲取りの存在には気がついていなかったなぁ。 幕じりが優勝したというのは記憶にないが、奈良県出身者の優勝は98年ぶりっていうのももう誰も知らないだろうねぇ。いくら幕じりとはいえ、そして横綱がいない場所とはいえ、優勝は優勝だ。男泣きじゃな…

やや、危なかった

土曜日は半世紀前に働いていた職場のリユニオンだった。当時の上司の人はもう米寿で、大分身体的にもコントロールが利かなくなりつつあるようだけれど、まだまだ元気。元気じゃないのは私の方で、気管支にやや危ない雰囲気を感じて、欠席した。10人近くが集…

Port Side

船の世界では左舷側のことを「Port Side」と呼ぶ。で、右舷のことを「Starboard Side」と呼ぶ。わかりにくい。なんでかと云ったら、通常船を接岸する時左舷を接岸してきた。なぜかというと、大昔は右舷側に梶棒があった。だから右舷側はそれが邪魔になって接…

次の夢

ふと気がつくと、なにか部屋の外を歩く気配がする。扉を開けてみると、そこに、茶色いゴールデンリトリバーがいて、出たがっているように外へ出られる扉の前に座っている。あれ!どこから入ってきたんだ!とてをだすと、平気で舐めてくる。人慣れがしている…

克明に覚えている夢だった。 どこのプロジェクトかわからないんだけれど、テレックス(今時!)が来て、どうやら受注が内定したらしい。商社からの連絡でも、どうやら大丈夫らしい。 すると、発注側が現地で発注を発表したらしい。こっちとパートナーの社名…

ハイヤー

運動代わりの散歩に出て、京橋から三越前まで、日向を選んで歩いた。なんだかんだで7,000歩くらいを歩いた。これくらい歩くと、もう股関節に負担がかかるのがわかるようになってきてしまった。これじゃ、一万歩は無理だろう。で、地下鉄で帰ってきてから表に…

断念

梅があちこちで咲いている。やっぱり今年は温かいせいか、むしろ咲きすぎている。となると、〽︎うめぇはぁ さいいたぁかぁ さぁくぅらぁはぁ まだかいなぁぁ、といきたいところだ。これは端唄ッてんだろうか。つま弾きでひょれひょれと粋に唄わなきゃならな…

図書館

高い本はやっぱり買えない。そういう時はどうするのかというと、古本を探すか、図書館だろう。で、日頃あんまり期待に応えてくれない地元の図書館の蔵書検索を久しぶりにしてみると、チャールズ・シュルツの自伝が蔵書の中に入っている!あの6,600円の本だ。…

相撲

相撲の本場所と云えば両国の国技館。その前は蔵前に国技館があった。でも、それだって戦後の話で、戦前はやっぱり両国にあった。その元国技館は1958年に日本大学の大講堂になった。それも1983年に取り壊されていて、現在は両国シティコアという施設になって…

昔話

銀座の立田野が店を閉めてから、もう何年ぐらいになるんだろうか。わたしがまだ小学生低学年の頃、何があったのか、よそ行きの格好(こんな言葉もなくなりました)で、革の短靴を履いて行ったことがある。多分家族全部で行ったのか、少なくともおふくろがい…

衝動的

キリスト教徒の間では、どうして私はキリスト教徒となったか、みたいなことが良くいわれるよね。お伺いしていると、皆さん、いろいろとあるんですね、これが。例えば、娘の火傷が奇跡的に治ったとか、こんなことを目の当たりにして奇跡的だった、といったこ…

干支

先日、たまぁに顔を出すバーで、初めて出逢った壮年の二人連れと二三言葉を交わすうちに、男性の方が「昨年還暦ですが」という。ということは干支は猪ですね?とおたずねするとそうだと。私も同じ干支です、とお伝えするとその年代の方によくお目にかかる、…

みかた

ま、実際の話、他の国が日本をどう見ているのかというと、多分ろくな風には見ていないだろうことは容易に想像がつく。だいたい、欧州の各国民からしたら、日本なんてどこにあるのかほとんどの人は関心がないし、たぶん、日本人も朝鮮半島にいる人たちも、台…

イメージ

多分漱石のどれかだったと思うんだけれど、夕暮れ時に、家に帰ってくる勤め人の姿を描いている。そこにはトタンの傘で覆われた裸電球の外套が、電信柱から突き出て、それほど明るくないが小さな光の場を照らし出している。彼がガラガラと開けた玄関の戸は、…

25年前

あの朝、私は岡山のおふくろの実家にいた。前日が従兄弟の葬式だったからだ。そのまま東京へ帰ろうとしたら、おばさんが、滅多に来ないんだから泊まっていきなさいよといった。あのまんま帰っていたら、あの日も会社へ行っていただろう。しかし、あの地震で…

今月になってから月刊「世界」を買っていない。のんびりしていると、どれかの記事についての書き込みがtwitterで流れてきちゃう。不思議なことに、たまにいく書店では、いつもは売れ残っているこの月刊誌が、最後の一冊になっていた。何かが起きているのか。…

会食

わが家は誰かの誕生日、あるいは記念日に家族5人で会食をする習わしだ。先日息子の誕生日だったので、彼の希望を聞いて2年連続で近所の鰻屋で会食をした。私が年に2回食べられる鰻のその第一回目でもある。もうあと一回は真夏の鰻屋での落語会だ。だから、も…

成人式

テレビはどこも成人式のニュースが満載だった。浦安のディズニーランド成人式、北九州のまるで仮装行列みたいな成人式、大熊町出身の人たちの成人式、それぞれに考えさせられる成人式だった。「立派な大人としての責任を果たしていきたい」的な優等生的な発…

NFL

今朝の最初の試合はとんでもない試合になっちまった。前半終わったら28-24で、両チーム合わせて52点だ!バスケットじゃあるまいし。しかも、試合が終わってみたら51-31でカンサス・シティーが勝った。合計82点だ!プレイオフでこれはないだろう。 二試合目も…

NFL

今朝、そして明日の朝、NFLはディヴィジョン・チャンピオン戦になっている。そして日本時間で来週の月曜日、20日朝にはAFCそしてNFCそれぞれのカンファレンス・チャンピオンシップが行われる。そして日本時間で2月3日にフロリダのマイアミで第54回のSuper Bo…

羽田と成田

今やオリンピックを理由にして、羽田空港の利用幅を大きく拡げたので、この3月からは大田区やら世田谷区の上空をどんどん飛行機が飛ぶようになるそうで、デルタ航空なんぞに至っては成田全面撤退して、全ての便を羽田発にするという。アメリカの航空会社、そ…

ヴォイストレーニング

昨日のヴォイストレーニング&唄の会はテノールの先生が本番のためにお休みで、挙げ句にメンバーのおひとりが並松から入院していたので、しばらく長期休みだというので、なんとなく淋しい2時間だった。いつもはテノールの先生にお任せっきりだったものだから…

考えちゃうよ

バスに乗ったら、赤子を抱いているおかあさんが目の前に立っているというのに、横に荷物を置いて二人分の席を占領している兄ちゃんの気持ちがわからない。だから横に行って「ずびばぜん!」といって席を空けさせた。それにしても、おかあさんはなんで自分で…

訃報

訃報というには遅すぎるけれど、今まで知らなかった。日本近現代史、中でも東京裁判、極東軍事裁判研究者で立教大学名誉教授であった粟屋憲太郎先生が昨年9月に亡くなっていたことを知る。75歳である。老衰という年齢ではない。病気だったのだろうか。最後に…

来なくなった賀状

もうここ何年も、年賀状は元旦に書く。書くというよりは印刷する。ある年はガリ版で、ある年はプリンターだった。しかし、できるだけ印刷でも手書き文字を印刷する。それはもう何年も、イヤ25年ほど続けているといった方が良いか。その前はどうしていたのだ…

分断

この歳になると、どんどん分断されるものが出てきてしまうらしいのだけれど、その典型的なものが睡眠だ。 いや、そんなはずはない。つれあいは毎日決まった時間に寝て、決まった時間に起きる。しかもそれはぜんぶで8時間に及ぶ。その間に一二度トイレには起…